FC2ブログ

自然を愛する日記ブログ

地球に広がる自然を愛し、風景の美を追求しながら、文化についても考えます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の草花など 

シリーズで写真を掲載してきました花木の木立ちは宇都宮市郊外にありますが、国道のすぐわきであり、その木立の裏側には民家や畑があります。

写真に写った木立ちの左端から数メートルの所には小道があり、民家の門の方へと向かっていますが、その道に沿って花壇が作られており、そこに植えられたスイセンがきれいに咲いていました。

また、木立の手前には用水路の小川があり、その小川に沿った農道は近辺に住む人達の散歩道となっているようでした。

その小道の傍らにはタンポポやイヌノフグリなどが咲いており、木立の花木といっしょに春を演出していました。

花木を撮影に行った日は天気も良く、そこを通る人たちにとってはまさに最高の散歩日和だったと思います。




花壇のスイセン18①




花壇のスイセン18②




土手のタンポポ18




土手のイヌのフグリ18①




土手のイヌのフグリ18②




土手のイヌのフグリ18③




土手に並んだ花木18⑭





にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

Name - れみわ  

Title - 

早春の花イヌノフグリはあこんなに可愛いのに
付けられた名前が可哀そうです
2018.04.15 Sun 16:03
Edit | Reply |  

Name - 自然明光  

Title - オオイヌノフグリ

れみわさん、コメントありがとうございます。
上の写真の花は正確には「オオイヌノフグリ」のようです。
オオイヌノフグリは明治初期に日本に入って来た外来種らしく、「イヌノフグリ」とは大きさ以外にも違いがあるようです。
イヌノフグリは果実の形が犬のものに似ているのでそのような名前が付いてしまったのですが、オオイヌノフグリの果実はイヌノフグリとは形が違い、ハートの形らしいです。
ネットの説明では花言葉もイヌノフグリとオオイヌノフグリでは違うようで、オオイヌノフグリの花言葉は「神聖」「忠実」「清らか」と書かれていました。
写真のオオイヌノフグリに関しては名前が何の根拠もないようですから、名前を変えてもいいような気がします。
「イヌノフグリ」、「オオイヌノフグリ」とも名前を変えて、花言葉に近い、「ホーリーパープル」、「ホーリーブルー」としてもいいのではないでしょうか‥
花の名前は多くの人がその名前で呼ぶので、花の名前として決まってしまうのだと思いますが、「イヌノフグリ」と誰も呼ばなくなれば、名前も変わるかもしれません…
2018.04.16 Mon 00:48
Edit | Reply |  

Add your comment

Designed by Akira.

Copyright © 自然を愛する日記ブログ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。