FC2ブログ

自然を愛する日記ブログ

地球に広がる自然を愛し、風景の美を追求しながら、文化についても考えます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二種類の椿の花 

写真を連載しています花木の木立ちにはたくさんの種類の花木が植えられていますが、その中には椿も混じっていました。

木立ちは土手に沿って長く続いおり、椿も一本だけではなく、違った種類の椿が複数植えてありました。

椿の花はモクレンなどとは違って木に付いている花の数がそれ程多くないため、遠くからでは花があまり目立ちませんが、近くで見ると一つ一つしっかりした花を咲かせています。

木立ちに近寄り、椿の花を見てみると、一つの椿はよく見る真赤な花の色の椿ではなく、珍しい品種の椿でした。

それは花びらが紅白の2色となった椿で、後で調べてみると「光源氏」という名前のようでした。

この木立は見る人を楽しませるよう上手く花木が植えられていますが、近寄って花を見ても楽しめるように工夫されており、遠くから見た印象以上に多くの種類の花木が植えられていました。




椿とハクモクレン18




椿・光源氏18




土手に並んだ花木18⑩




土手に並んだ花木18⑪





にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

Name - れみわ  

Title - 

光源氏とは良い名前がついていますね
家にも鉢植えした絞りで八重咲の椿があります
名前がわからずにたぶん吹上絞りだと勝手に思っています
椿は丈夫ですね
西日の当たる場所で植え替えもせず放置していますが枯れません
2018.04.13 Fri 16:15
Edit | Reply |  

Name - 自然明光  

Title - 椿の種類

れみわさん、こんばんは。
私は今まで椿は真赤なものばかりと思っていましたので、写真の二色の椿を見た時、最初は近年になって品種改良されたものに違いないと思ってしまいました。
しかし、良く調べてみると珍しい品種とは言えないものでした。
ネットの説明では「3~4月にピンク地に紅縦絞りと白覆輪の入った八重の大輪を咲かせる椿」が「光源氏」であり、「 江戸時代から伝わる歴史ある椿」とのことでした。
れみわさんが鉢植えしているという「吹上絞り」は色が「光源氏」と似ていますね。
ピンク地の花びらにある赤色のラインがタテかヨコかという違いがあるだけのようにも思います。
私は椿についてな~んにも知らなかったので恥ずかしい限りですが、確かに椿は綺麗な花です。
これからは、れみわさんが椿を撮影した時にはよく注意して観察し、その品種を覚えようと思います。(^^;)

2018.04.13 Fri 21:06
Edit | Reply |  

Add your comment

Designed by Akira.

Copyright © 自然を愛する日記ブログ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。