自然を愛する日記ブログ

地球に広がる自然を愛し、風景の美を追求しながら、文化についても考えます。

湯西川くらし館の蝶の展示 

かまくら祭りを見るために湯西川へ行った際は最初会場の場所がよくわからず、道の途中にあった別の場所に入り込んでしまいました。
広い道の駅のようなその場所は敷地内にあった案内板を見ると「水の郷観光センター」と書かれており、目指していたかまくら祭り会場ではないことがわかりました。
しかし、いずれにせよ初めて来た場所であるので中の施設を見学してきました。
するとそこには「湯西川くらし館」という建物があり、中には展示物があるようなので入ってみると「蝶の美術館」という企画展の展示がありました。

「蝶の美術館」にはたくさんの蝶の標本が展示してあり、蝶々は嫌いではなかったので興味深く見学しましたが、その中に私が昔昆虫採集をしていた子供の頃、どうしても捕まえることのできなかったカラスアゲハの標本がたくさん展示してあるのを発見し、とても感動しました。
そこで記念に蝶の展示を撮影することにしました。
展示されていたカラスアゲハは驚くほど種類が多かったですが、中には子供のころ見た種類もあり、とても懐かしい思いになりました。
そこは入場料は要らないようで、任意の寄付を入れる箱だけが置いてありましたが、お賽銭を入れるようにして小銭を入れてきました。




湯西川くらし館の展示①




湯西川くらし館の展示②




湯西川くらし館の展示③




湯西川くらし館の展示④




湯西川くらし館の展示⑤





にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

Name - れみわ  

Title - 

標本がこのように展示されているのを見るのは初めてです
さすがに美術館なので並べ方も凝っていますね
2018.03.04 Sun 16:58
Edit | Reply |  

Name - 自然明光  

Title - ロングセラー企画

れみわさん、こんばんは。
蝶の標本は館内いっぱいに展示されていましたが、建物自体はいろんな目的で建てられたものらしいです。
「蝶の美術館」とは企画展の名前で、ネットの説明には「2016年7月、蝶を愛する方たちの協力によって実現した企画」とありました。
「蝶を愛する方たち」とは湯西川の地元の人達なのかどうかはっきりとした説明がなく、これらのたくさんの蝶々がどこで採れたものなのかの説明もありませんので、よくわかりずらい企画展ではありました。
ただ、私はカラスアゲハの神秘的な模様が大好きでして、その仲間の種類の蝶までたくさん見れたので、それだけで満足でした。
れみわさんは蝶を撮影するのが得意そうなので、カラスアゲハを見つけたら是非写真に撮ってくださいね!
2018.03.04 Sun 20:40
Edit | Reply |  

Add your comment

Designed by Akira.

Copyright © 自然を愛する日記ブログ All Rights Reserved.