FC2ブログ

自然を愛する日記ブログ

地球に広がる自然を愛し、風景の美を追求しながら、文化についても考えます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミニかまくらに明かりを灯す人達 

湯西川のかまくら祭りは2月でしたので、さすがに午後4時50分ぐらいになると辺りは薄暗くなり、ミニかまくらに灯されたろうそくの灯も見えるようになってきました。

ミニかまくら会場を流れる川の上流にある橋から会場の奥の方を見てみると、その時間には川原にいる人達がミニかまくらに明かりを点灯し終え、5時になる頃には川原から引き上げようとしているのが見えました。

その様子は軽量の望遠レンズを使って撮影しましたが、滅多に使わないその望遠レンズもこの時は役に立ちました。

その時望遠レンズで見た川の風景はなかなか美しく、とても風情がありました。

ただ、たくさんいた観光客は誰一人として川原に下りては行きませんでしたので、そこは立入禁止だったのだと思います。
それはすごく残念なことでした。




湯西川ミニかまくら会場風景18②




湯西川ミニかまくら会場風景18③




湯西川ミニかまくら会場風景18④




湯西川ミニかまくら会場風景18⑤




湯西川ミニかまくら会場風景18⑥





にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

Name - さゆうさん  

Title - 

こんにちは。
これは地域を盛り上げるための準備ですね。
この人たちの力が無ければイベントも出来ない訳で、
素晴らしい光景を見せてくれる人に感謝ですね。
暗くなる時が待ち遠しいですね。
2018.03.02 Fri 10:28
Edit | Reply |  

Name - 自然明光  

Title - 地元の人達

‘さゆうさん’こんばんは。
写真のミニかまくらイベントは日本夜景遺産「歴史文化夜景遺産」に認定されているということですので、けっこう歴史があるようです。
ですから、それなりに意味があって昔から行われてきたようです。
それが宗教的な内容なのかどうかはわかりませんが、神聖な感じがしないこともありませんでした。
そして、このイベントは多くの観光客の関心を引いており、会場の周りにはたくさんの見物客が集まっていました。
ただ、暗くなるにつれて冷え込みが厳しくなり、まるで北海道にでもいるようでした。
‘さゆうさん’が道東で写真を撮る環境に近かったかもしれませんね
2018.03.02 Fri 19:08
Edit | Reply |  

Add your comment

Designed by Akira.

Copyright © 自然を愛する日記ブログ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。