FC2ブログ

自然を愛する日記ブログ

地球に広がる自然を愛し、風景の美を追求しながら、文化についても考えます。

細長い小滝と滝壺 

今日アップしました写真の場所は堰場川(せきばがわ)の渓流の中でも私のお気に入りとなっている場所でして、地形が変化に富んでおり、滝が細長く曲線を描いて流れ落ちています。

夏ですと とても爽やかで、涼を感じる風景となりますが、冬でも全く凍っていないため、寒々とした風景にはならず、撮影してみると、まるで温泉でも流れているかのような暖かみのある風景となりました。

ただ、渓流に氷が張っていないとは言え、気温はそれなりに低い場所ですから、岩の上の所々には氷が見られます。

その氷の状態を見ますと、まるで、岩の上にできた氷を渓流の水が次第に解かしているようでした。

このような渓流ですと、川の中には魚が元気に泳いでいる感じがします。




冬の堰場川(せきばがわ)18⑥




冬の堰場川(せきばがわ)18⑦




冬の堰場川(せきばがわ)18⑧





にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

Name - れみわ  

Title - 

これは厳寒の中の撮影でしょうけど
こちらは春の日射しがいっぱいなので雪解けの風景に見えます
見るものによって感じ方は変わりますね
2018.02.19 Mon 16:38
Edit | Reply |  

Name - 自然明光  

Title - 川だけ春の風景

れみわさん、こんばんは。
今、極寒と聞いて、私もハッと思いました。
撮影した時には確かに厚い雪が残っていましたが、極寒という感じではありませんでした。
ここは高原山の中腹ですが、奥日光ほど寒い所ではありません。
このシリーズの次にアップする雪景色を撮った湯西川地域は確かに極寒という寒さでしたが、ここは違いました。
おそらく川の水温がそれ程低くなく、日陰ではあるものの、冷たい風が吹いていないためだと思います。
ただ、雪解けの様子は見られませんでしたので、地上は冬で、川だけ春の温度ということだと思います。
2018.02.19 Mon 19:58
Edit | Reply |  

Name - Schnauzer  

Title - 

私はまだカメラ初心者なので
滝や川を撮るときは一つの方向から撮りがちになってしまいます・・・

上から撮るのも迫力が感じられて素敵ですね!
2018.02.20 Tue 13:44
Edit | Reply |  

Name - 自然明光  

Title - Re:Schnauzerさん

Schnauzerさん、コメントありがとうございます。
日光周辺の滝や渓流は険しい斜面にあるものが多いので、その風景はいろんな角度から撮影することができます。
その点では思い通りの撮影ができる理想的な撮影場所と言えます。
同じ川の風景を撮影するにしても多摩川のような平地を流れる川ではどうしても同じような角度から撮ることになってしまいます。
面白い風景写真を撮るためには、やはり変化に富んだ風景を探すことが必要ですね。
2018.02.21 Wed 07:09
Edit | Reply |  

Add your comment

Designed by Akira.

Copyright © 自然を愛する日記ブログ All Rights Reserved.