自然を愛する日記ブログ

地球に広がる自然を愛し、風景の美を追求しながら、文化についても考えます。

残雪と民家と用水路 

日光市の特別保護地域にある杉並木の裏側には抒情的な空間が広がっていました。

杉並木に沿って通っていた農道は古くから住んでる人以外は通らないようで、雪景色の中では特に風情がありました。

杉並木の近くで見た民家は古さを感じるだけに味があり、残雪がある風景は絵になります。

宇都宮市から奥日光へ向かう道路のワキにこのような素晴らしい風景があるとは思ってもみませんでした。

古い民家の直ぐ下からは用水路の水が小川に流れ込んでいましたが、その素朴な情景にとても癒されました。




杉並木沿いの残雪⑥




杉並木沿いの残雪⑦




杉並木沿いの残雪⑧





にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

Name - れみわ  

Title - 

子供の頃の記憶のような風景です
私の育った上越市に林泉寺という上杉謙信ゆかりの寺があります
そこへ行く道脇に杉が生えこんな感じの道でした
2018.02.15 Thu 14:40
Edit | Reply |  

Name - 自然明光  

Title - 杉並木の道

れみわさん、コメントありがとうございます。
日光へ向かう道路の杉並木は参道としてのものであり、東照宮のために植えられたものですが、神社、お寺の参道には確かに杉の木が多いです。
杉は大木になり、真っ直ぐ上に伸びて行きますので厳かな雰囲気があります。
神社、お寺は日本全国どこにでもありますので、杉並木の風景も日本の代表的な風景の一つかもしれませんね。
それが雪景色であれば、新潟のお寺の参道を思い出されるのも頷けます。
白い雪は清らかなイメージですので、杉並木とは合います。新潟の雪深い杉並木の風景もさぞかし素晴らしいでしょうね!
2018.02.15 Thu 22:16
Edit | Reply |  

Add your comment

Designed by Akira.

Copyright © 自然を愛する日記ブログ All Rights Reserved.