自然を愛する日記ブログ

地球に広がる自然を愛し、風景の美を追求しながら、文化についても考えます。

湯川の最上流 

不凍の湯滝から流れる水は湯川となって戦場ヶ原まで下り、最後に中禅寺湖に流れ込むようになりますが、湯滝の観瀑台から続く遊歩道に足を進めようとすると積もった雪が深く、装備のない自分は全く進むことができませんでした。

私が観瀑台で撮影を始めた時、遊歩道の方から数人の男女がやって来ましたが、皆完全な防寒服を身に付け、スキーを抱えて歩いて来ました。見た感じでは遊歩道をスキーで滑って来たようでした。

下の写真は観瀑台を背にして湯川を撮影した写真ですが、そこから先の遊歩道は深い雪に覆われ、一歩も進むことができませんでした。確かにこの雪ではスキーで滑る以外、遊歩道を進むことができません。

予定では滝壺近辺でたくさん写真を撮るつもりでしたが、深い雪のため断念しました。

湯滝の観瀑台に私が着いた時、人は誰一人いませんでしたが、レストハウスも閉鎖された中、一匹の子猫がベンチの辺りに隠れていました。

その後、スキーを抱えてやって来た人達に何かもらったようでしたが、その人達が去り、私が帰ろうとする時にも子猫はまだそこに留まっていました。

人が誰一人いない冬のレストハウスに一匹だけいた珍しい子猫なので、記念に撮影しようと寄って行くと、私はエサをくれそうにないと嫌われたのか、私に背を向けて逃げて行ってしまいました。
ちょっと可哀そうな子猫でしたが、痩せてはいなかったので何か食べてはいるようでした。
しかし、どうやって無人の場所で生き延びているのか、不思議な子猫でした。




冬の湯川・滝壺付近




湯滝観瀑台にて18





にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

Add your comment

Designed by Akira.

Copyright © 自然を愛する日記ブログ All Rights Reserved.