自然を愛する日記ブログ

地球に広がる自然を愛し、風景の美を追求しながら、文化についても考えます。

凍結しない湯滝 

湯ノ湖から流れ落ちる湯滝は数多い日光の滝の中でも最も標高の高い位置にあり、普通に考えれば最も凍りやすい滝のはずですが、実際は意外なことに不凍の名瀑なのでした。

最初、滝が凍結しているのを期待していた私は滝が凍結しているかどうか確かめるため、湯滝の落ち口から下の方を覗いて見たのですが、木の間から観瀑台が見え、そこへ向かって水が勢いよく流れ落ちていたのでした。

氷柱なども全く見られない湯滝の流れは 冬に来たのが初めての私には期待外れの眺めではありましたが、不思議な現象を目撃しているような面白さはありました。

湯滝を撮影している時点では湯滝が凍らない本当の理由はわからなかったのですが、最低気温がー20℃近くまで低くなり、最高気温が常に氷点下の場所にある滝を見ている感じがせず、奇妙ではありました。

湯滝が凍らないのは湯ノ湖には豊富な湧き水があるためで、湯ノ湖の表面が凍結したとしても中の水は湧き水と変わらぬ温度であり、その安定した温度の水が流れ落ちる湯滝は冬でも凍ることがないのでした。

凍らない湯滝は地中から出る湧き水が一定の高さの温度であることを証明する滝でもあったのです。




冬の湯滝・滝口18




冬の湯滝・観瀑台より18





にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

Name - れみわ  

Title - 

本当だ!
凍っていませんね
動画などでシャボン玉が一瞬で凍るのを見たりしますが
流量もかなり影響するのでしょうね
2018.02.06 Tue 16:57
Edit | Reply |  

Name - さゆうさん  

Title - 

こんばんは。
いつも訪問と素敵なコメントをありがとうございます。
湯滝の名前からこの滝は温泉がわき出ているのではと前から考えていますした。
矢張り名前の通りでしたか。
この様な滝では知床のオシンコシンの滝がそうですね。
下の方に行くにしたがい両端が凍って来るようです。
この滝は暖かく良く風呂代わりに使ったものです。
2018.02.06 Tue 17:09
Edit | Reply |  

Name - 自然明光  

Title - Re:れみわさん

れみわさん、コメントありがとうございます。
奥日光の天気予報を確認しましたら、湯元温泉がある辺りと湯滝の滝壺近くにあるレストハウスの地点ではかなり気温が違っていました。
湯元温泉辺りはけっこう気温が高く、日中は0℃以上に気温が上がるようです。
しかし、湯滝の滝壺周辺は日中でも0℃以下となっており、やはり滝が凍らないのは普通ではないです。
湯滝よりはるかに水量がある華厳の滝でさえ部分的に凍結しますから、湯滝が凍らないのは流量とは関係ないようです。


2018.02.06 Tue 21:35
Edit | Reply |  

Name - 自然明光  

Title - Re:‘さゆうさん’さん

‘さゆうさん’コメントありがとうございます。
さゆうさんが写真で紹介してくださる北海道の美しい自然は此方では想像もできないものばかりですが、私の近くでは、唯一、奥日光でそれに似た風景を探すことができます。
しかし、北海道は広い大地すべてが奥日光のような所ですから次元が違いますね!
北海道の温泉を旅した人の話を聞いたことがありますが、やはり素晴らしかったと言っていました。
奥日光はミニチュア版の北海道と言えなくもありませんが、北海道と似たような美しい自然が見れるので、此方ではとても貴重な景勝地です。
2018.02.06 Tue 22:01
Edit | Reply |  

Add your comment

Designed by Akira.

Copyright © 自然を愛する日記ブログ All Rights Reserved.