FC2ブログ

自然を愛する日記ブログ

地球に広がる自然を愛し、風景の美を追求しながら、文化についても考えます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

滝壺からついに見えた上段の滝 

霧降の滝は水が岩肌を滑るように流れ落ちて美しい曲線を描いていますが、滝は大きく二段に分かれています。

滝の向かい側の山の上にある観瀑台からですと、滝壺は見えないながらも滝の上段と下段の両方を眺めることができます。

私が今までここに来た季節においては木の葉が邪魔になり、滝壺からは上段の滝がほとんど見えませんでした。

それが今回初めて上段の滝を滝壺といっしょに撮影することができ、私にとっては記念すべき撮影となりました。

この現場に来るまでは上段の滝が見えるとは思ってもみませんでしたが、意外に葉っぱがたくさん落ちていたため、ついに念願がかなうことになりました。

下にアップした上段の滝も見える霧降の滝の写真は 今年撮影した写真の中でも大きな成果の一つです。




霧降の滝・11月③





にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

Name - さゆうさん  

Title - 

こんばんは。
素敵な滝ですね。
この滝どなたかのブログでも拝見しました。
同じような角度と高さで撮影されていましたね。
晩秋の中の滝も味があり良いものですね。
2017.12.10 Sun 17:51
Edit | Reply |  

Name - 自然明光  

Title - 撮影には理想的な滝

‘さゆうさん’こんばんは。
この霧降の滝は江戸時代に葛飾北斎によって絵にされたぐらいですから、名瀑として既に知れわたっています。
滝のタイプは違いますが、同じ日光にある華厳の滝と比べても風格に遜色はありません。
ですので、本来ならば上の写真と同じ構図で滝を撮影する人がたくさんいてもいいはずです。
ただ、問題なのは滝壺まで行く道が整っていないということで、そこに行くためには多少危険が伴います。
おそらく日光市としては観光に来てけが人でも出たらまずいのでそこへ行く道を塞いでいるのだと思います。
でも滝好きの人なら、一度そこへ行けば必ず撮影したくなると思います。
おそらくブログなどに写真を載せていなくとも、上の写真と同じような構図で霧降の滝を撮影しているカメラマンは多くいると思います。
2017.12.10 Sun 22:57
Edit | Reply |  

Add your comment

Designed by Akira.

Copyright © 自然を愛する日記ブログ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。