自然を愛する日記ブログ

地球に広がる自然を愛し、風景の美を追求しながら、文化についても考えます。

戦災を免れた栃木市 

栃木市は蔵の街として観光の宣伝がされており、立派な蔵や古い建物が多く残っていますが、街全体に懐かしい雰囲気が漂っていました。

太平洋戦争当時、栃木県では県都の宇都宮市のみがアメリカ軍による無差別爆撃を受けましたが、アメリカ軍の「中小都市空襲目標地リスト」一覧表には足利市、栃木市の名前も記載されていたそうで、栃木市が爆撃に晒されるのは時間の問題だったそうです。

しかし、無差別爆撃を受ける前に終戦を迎え、栃木市の街並みは戦災を免れたのでした。

栃木市の観光名所となっている古い蔵と運河の風景を撮影した後、その周囲を歩いてみましたが、ここでしか見られないような風景が目に入りましたので、記念に撮影しました。




栃木市の街角




栃木市内の風景





にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

Name - さゆうさん  

Title - 

こんにちは。
風呂屋の玄関先、見た事のあるような感じです。
金魚ではなく風景であったりしたのではなかったかと思いますが・・・。
昔、このような玄関先の風呂屋が結構あったような気がします。
なんかジワリと懐かしい感じがしてきました。
湯ののれんがいまどき風な感じですね。
これからが楽しみです。
2017.08.12 Sat 13:26
Edit | Reply |  

Name - れみわ  

Title - 

こんばんわ

お風呂屋さんが情緒ありますね

女将さん時間ですよー

これを見たら入っていきたくなりますよ
スナップ写真が冴えていますね
2017.08.12 Sat 19:05
Edit | Reply |  

Name - 自然明光  

Title - Re:‘さゆうさん’さん

‘さゆうさん’コメントありがとうございます。
このお風呂屋さんは、川の近くの通りを歩いていて、全く偶然に見つけたのですが、昔の姿のまま現在も活躍しているようで、とても感動的でした。
のれんや木戸の絵などは時期によって変わるのかもしれませんが、雰囲気は昔のものといっしょで、とても懐かしい感じがしました。
私が昔見た記憶があるお風呂屋さんは写真と同じような感じでしたが、北海道におられる‘さゆうさん’も懐かしいと感じておられるのを知って、この光景は日本の文化そのものなのだとわかりました。
北海道のお風呂屋さんであれば、木戸には素晴らしい北海道の風景が描かれていたのではないかと思います。
2017.08.13 Sun 06:23
Edit | Reply |  

Name - 自然明光  

Title - Re:れみわさん

れみわさん、コメントありがとうございます。
このようなスナップ写真の撮影はどちらかというと‘れみわさん’スタイルですね。(^'^)
栃木市ではこの川の周辺だけで撮影しようと思いましたので、蔵の他に何か面白いものがあるか探してみることにしました。
そうしたら偶然、面白いお風呂屋さんの入り口を見つけたのでした。
犬も歩けば棒に当たるという言葉どおりの撮影だったのです。
このような撮影はなかなか楽しいですね。
2017.08.13 Sun 06:39
Edit | Reply |  

Add your comment

Designed by Akira.

Copyright © 自然を愛する日記ブログ All Rights Reserved.