自然を愛する日記ブログ

地球に広がる自然を愛し、風景の美を追求しながら、文化についても考えます。

小滝のある渓流 

高原山の山麓を走る道路は勾配があり、鬼怒川からは曲がりくねった坂道を上ることになりますが、渓流が流れる片側はガードレールで塞がれており、渓流まで下りて行く道などは一つも造られていません。

しかし、滝の水音などが聞こえ、渓流が道路から近い場所では人が通れる獣道が必ずあり、危なげなく川まで下りて行くことができました。

その獣道を通るのは間違いなく釣り人だろうと思います。道路わきには渓流釣りに関する注意書きの札が置かれた場所もありましたし、釣り人のものらしき車が停車しているのも見ました。

写真の場所も人が通った跡があり、おそらくそこは釣り人が来る所なのだと思います。

釣り人がよく来るような場所は風景も美しいことが多く、私が渓流を撮影しようと川に向かっている時にカメラマンと出会うことは滅多にないのですが、釣り人を見かけることはよくあります。




高原山の渓流・5月③




高原山の渓流・5月④




高原山の渓流・5月⑤





にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

Add your comment

Designed by Akira.

Copyright © 自然を愛する日記ブログ All Rights Reserved.