自然を愛する日記ブログ

地球に広がる自然を愛し、風景の美を追求しながら、文化についても考えます。

関東平野の端の田んぼ 

宇都宮市の西端は山地となり、森林公園などもその山中にありますが、その辺りがちょうど関東平野が終わる位置となります。

下の写真の小高い山は森林公園からも近い位置にあり、その山の手前、東側が関東平野で、山から奥、西側は地形が複雑になり、次第に高い山が並び、日光連山へとつながります。

地図を確認しましたが、写真の田んぼは関東平野の端の田んぼと言っても間違いではないようです。

裏にある低い山の稜線が宇都宮市と鹿沼市の境となっているようで、この田んぼは正しく宇都宮市の端の田んぼです。

宇都宮市の端の田んぼは門がある立派な農家の下にあり、風情がある美しい田んぼでした。




山の麓の水田





にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

Name - れみわ  

Title - 

たんぼに映る山と空、二分法の構図でいい写真になりましたね
2017.05.17 Wed 09:27
Edit | Reply |  

Name - 自然明光  

Title - 田んぼの撮影

れみわさん、こんばんは。
この田んぼの写真は自分としても結構気に入っています。
実際に、田んぼの苗や水面の色彩がとても微妙で、ニュアンスがとても美しかったですし、それを写真にすることができて満足でした。
しかし、その情景を撮れたのはすごくラッキーでした。
上の写真を撮った直後、田んぼに風が吹き始め、山の影は白い波跡で乱れてしまったのです。
その後、風が止むのをしばらく待っていましたが、静かな水面に戻ることはなく、上のような田んぼは見れなくなりました。
時間が少しズレていたら、写真のような田んぼは撮ることができなかったのです。
風は散歩では気持ちがいいですが、田んぼの撮影では邪魔ものになる場合が多いです。
2017.05.17 Wed 22:41
Edit | Reply |  

Add your comment

Designed by Akira.

Copyright © 自然を愛する日記ブログ All Rights Reserved.