自然を愛する日記ブログ

地球に広がる自然を愛し、風景の美を追求しながら、文化についても考えます。

丸形ポストのある風景 

日光の社寺が集中して並ぶ地区は「山内」という住所になっていますが、その区域内には様々なお寺関係の施設があり、幼稚園などもあります。山内の細道を歩いていると、趣のあるお寺関係の門が目に止まり、昔の街角を見るようでしたので記念に撮影しました。そこには戦後置かれるようになった丸形ポストがあり、昭和の大戦後の雰囲気が残っていました。その街角風景は普通の市街地では滅多に見られないもので、雪景色となった門は情...
Read More

風で舞い落ちる雪 

有名観光地の名所を撮影しますと、どうしても構図がありふれたものになりやすいですが、日光の社寺などもそのおそれがあります。今回、日光は雪景色であったため、多少は新鮮さが生まれるのではないかと思い、有名な社寺を撮影することにしたのですが、期待通り雪景色には新鮮な美しさがありました。また、美しい雪景色が見られるのは有名な名所だけではないことも当然ですので、東照宮近くの裏通りにも足を運びました。その日は時...
Read More

杉並木のある参道 

昨日写真を載せた家光廟大猷院は日光二荒山神社の隣にあり、その2つの社寺に行く場合は表参道から分かれた同じ参道を通って行くことになります。その二荒山神社に行く参道も両脇には杉の大木が並んでおり、荘厳な雰囲気をつくっています。いつもは薄暗い杉並木の参道も今回は眩しい白い道となっていましたが、なかなか見応えのある参道の雪景色でした。杉並木の影は雪道にたくさんの線を描いて参道の奥行きを感じさせ、他の季節よ...
Read More

家光廟大猷院の仁王門と雪 

日光東照宮は現在「平成の大修理」の最中であるため、雪景色は見たくても見ることはできません。日光の社寺を回り歩いて、雪景色として印象に残ったのは家光廟大猷院の仁王門を背景にした風景でした。東照宮は徳川家康の霊廟ですが、近い所に3代将軍家光の霊廟があり、その家光廟大猷院のいくつかの建物は国宝となっています。徳川家光については歴史上の逸話が豊富なので、その霊廟も人気がありそうですが、東照宮と比べると観光...
Read More

石段と石鳥居 

日光の社寺の表参道を上って真っ直ぐ行きますと東照宮の石鳥居を潜るようになります。石鳥居のさらに向こう側には表門が見え、国宝である陽明門はその奥になります。現在、陽明門は「平成の大修理」の途中であり、平成30年まではその豪華な姿を見ることができません。昨日掲載した広い表参道の雪道は今日の写真の石段と石鳥居につながるわけですが、杉の大木はずっと並んでおり、時折吹き抜ける強い風で雪が舞っていました。まる...
Read More

表参道の雪景色 

日光の社寺に至る表参道はかなり広い道で、広場というような印象ですが、坂道となっており、風景も見応えがあります。両脇には杉の巨木が並んでいるため、雪道となった表参道はほとんど日陰になり、木漏れ日が斑点を作っていました。雪景色の表参道に来たのは初めてでしたので、どんな眺めか興味深かったですが、期待通りのダイナミックな雪景色が見られました。観光客は相変わらずたくさんいましたが、雪道に点在する人物は グル...
Read More

黒門と雪景色 

日光の東照宮へと向かう表参道に入ると、脇には重要文化財となっている黒門が見えます。黒門は輪王寺・三仏堂の表門であり、造りがしっかりした大きな門なので、表参道からも目立ちます。三仏堂は非常に大きな木造建築ですが、現在修復中であり、囲いで覆われていて、外観を眺めることはできません。黒門は色が真っ黒であるため、真っ白な雪と強いコントラストをなし、独特の雪景色となっていました。表参道から眺めた黒門の奥には...
Read More

風情がある雪道 

日光の社寺周辺は期待通りの雪景色が見られましたが、神橋手前にある立派な伝統的建物である日光食堂本店もさらに風情が増して見えました。その立派な屋根にはまだ雪が残っており、懐かしさが感じられました。現在は明らかに温暖化が進んでおり、栃木県でも昔よりは雪の日が少なくなっていて、雪の積もった屋根などを見ると昔の思い出が蘇ります。下の写真は社寺の間にある参道ですが、やはり懐かしさを感じる雪道で、現在栃木県の...
Read More

大谷川の雪景色 

日光の社寺近辺の風景は雪景色になることによって見違えるようになっており、至る所が新鮮に感じられました。よく考えてみますと、今まで雪が降った直後に日光の社寺まで来たという記憶がなく、実際に初めて見る雪景色ですから、新鮮に感じられるのは当たり前です。社寺の手前の風景では 来る度に撮影しようかどうか迷う場所があり、結局は撮影せずに通り過ぎることが多い場所なのですが、今回は雪景色となり、面白味が出ていたの...
Read More

日光・神橋の雪景色 

日光の社寺はユネスコ世界遺産として登録されていますが、その入り口にあるのが「神橋」です。それは日光街道から社寺に到着して一番最初に目にする史跡であり、色が赤く、川や周りの景色も美しいのでかなり目立ちます。神橋は江戸時代、東照宮が造営された際に赤く塗られたそうですが、その最初の橋は明治時代に洪水で流されてしまい、明治37年に再建されたということです。その下を流れる大谷川は水が澄んで美しいし岩場も眺め...
Read More

Designed by Akira.

Copyright © 自然を愛する日記ブログ All Rights Reserved.