自然を愛する日記ブログ

地球に広がる自然を愛し、風景の美を追求しながら、文化についても考えます。

断崖絶壁とささやかな虹 

龍王峡の遊歩道を虹見橋から上流に向かって進むと、間もなくむささび橋に到着しますが、そこからの眺めは虹見橋からの眺めとは一変します。渓谷の両側の断崖絶壁が接近するため、屏が並んだような光景となり、迫力が感じられます。撮影した日は快晴でしたので岩肌の質感も見事に表れており、なかなかの絶景でした。そして、むささび橋の手前の川辺から対岸の滝を見た時、そこに虹が出ているのが見えました。微妙な見え具合でもあっ...
Read More

カメラの限界を超えた人間の目 

龍王峡で撮影をした日は少し雲が出ていましたが、快晴と言える日でした。日差しはかなり強く、現在の台風の影響を受けた天候とはまったく違います。その太陽光の下、澄んだ川と岩肌は強い光をはね返し、グリーンやブルーなど自然の美しい色彩も輝きを増していました。そこで目にした明るく輝く日差し、木陰の美しいトーン、水面の透明な光‥を同時に見た風景はとても魅力的で写真に撮らざるを得ませんでした。しかし、条件反射のよ...
Read More

木漏れ日を映す湿地 

龍王峡の遊歩道は鬼怒川に沿って続いていますが、鬼怒川は崖の下であり、遊歩道は森の中を通る山道となっています。ただ片側は鬼怒川本流で、反対側は高い山岳地帯であるため、沢が多く見られると同時に湿地帯が所々に見られます。その内の眺めの良い場所には立て札があり、観察できる植物や生き物などについての説明が書かれています。それによると季節によっては水芭蕉も見られ、モリアオガエルというカエルも見られるそうです。...
Read More

木漏れ日が射す沢 

龍王峡を囲む山は高く、その奥は日光連山へとつながる山岳地帯であるため、遊歩道を歩いていてもたくさんの小さな沢を見つけることができます。木漏れ日を受けて流れる沢の景色には心が癒されますが、時には荒れ狂う自然の中でもその美しい姿が壊されないのは奇跡に近いことです。山は森林で覆われているため、豪雨があったとしても、根を張った無数の木々がその景色を守ってくれるのです。自然には厳しさと優しさがありますが、そ...
Read More

青空を映す澄んだ渓流 

龍王峡に流れ込む沢の奥の方には昨年の豪雨の跡が残っていましたが、鬼怒川渓流本流は何事もなかったかのような長閑さでした。山を上った沢の風景と比べると まるで別世界のように感じられます。山中の崩れた崖の岩は鬼怒川までは転がって来なかったようです。しかし、間違いなく鬼怒川は豪雨で大荒れの濁流となったのですから、その現在の平和な風景には驚くしかありません。現在の鬼怒川渓流は以前と変わりなく美しく流れ、そこ...
Read More

豪雨によって岩が削り取られた崖 

龍王峡の遊歩道で見つけた沢は その沢に沿って山を登って行くと、細い滝へと続いていました。その滝そのものは豪雨の爪痕などまったくなく、岩肌を滑るようにして流れ落ち、美しい姿を見せていました。しかし、滝の下流にある崖は明らかに激流によって削り取られてできたものでした。沢の下まで転がったような岩とその崖の岩の色は似てましたから、その崖の崩れた岩が下まで流されて行ったとわかります。約2200万年前に海底火山か...
Read More

龍が通った跡のような風景 

鬼怒川流域に発生した去年の豪雨は山間の沢などを激流に変え、その通り道を荒らしました。沢の形が以前と変わり、傷跡が残っていますから、その豪雨は尋常ではなかったことがわかります。その激流の跡はちょうど巨大な龍が通った跡のようにも見えます。龍が山の中で沢をはって行けば、同じような跡が残るのではないでしょうか。写真に撮った現在の沢の風景を見ると、まさしく龍が通った跡のようです。にほんブログ村...
Read More

豪雨によって姿を変える自然 

8月のこの時期になって、立て続けに台風が発生しており、関東地方も通過して大雨を降らせましたが、昨年9月に鬼怒川の下流に水害をもたらした鬼怒川流域の豪雨は過去に例がないほどの凄まじさでした。その豪雨は上流の鬼怒川渓谷にもはっきりと爪痕を残していたことが、今回来てわかりました。龍王峡は数年前の春にも撮影に来たのですが、その時印象に残った山間の沢があり、岩肌を沢が流れ落ちていて気持ちよく、緑が美しい清楚...
Read More

夏のみの緑と青の風景 

夏の山の風景は ほぼ緑一色ですが、緑と青系統の色彩の組み合わせは清涼感があり、暑い環境の中では望ましい色彩です。自然はその面から考えても人間には有り難い存在で、季節の色彩が人間の目を潤し、生活に喜びを与えてくれます。昨日は関東地方を台風が通過し、天気が大荒れでしたが、天気はますます快晴からは遠ざかっています。やはり爽やかな風景は夏にしか見られないので、野山が色付く前に 晴天の下、緑の美しい風景を見...
Read More

澄んだ渓流の色彩 

一日だけ快晴だった日に見た鬼怒川の渓流はとても澄んでいました。その前日までは天気も悪く雨の日もありましたから、川は濁っているかもしれないと不安でしたが、あまりの綺麗さにびっくりでした。鬼怒川温泉辺りの渓流は春に撮影した時は驚くほど綺麗でしたが、夏に入って見た時には春の時ほど澄んでおらず、雨が降った後でもないのに濁って見えていました。龍王峡はその鬼怒川温泉よりも山奥の上流にあるとは言え、それ程離れて...
Read More

Designed by Akira.

Copyright © 自然を愛する日記ブログ All Rights Reserved.