自然を愛する日記ブログ

地球に広がる自然を愛し、風景の美を追求しながら、文化についても考えます。

春日部市の田園地帯 

関東地方には既に梅雨明け宣言が出されましたが、昨日は完全な快晴となり、青空に夏の雲が浮かんでいました。真夏の到来を感じさせる力強い日差しの下、風景も輝いて見えました。昨日、車で通った春日部市の新4号国道からは緑一面の田園風景が見れましたが、まさに夏を象徴するような風景でした。利根川沿いに広がる田園地帯は広大で、地平線近くまで田畑が広がって見え、爽快です。春日部市を通る新4号国道は東京に近く、交通量...
Read More

湯川と釣り人 

湯滝から遊歩道を歩いて来て、戦場ヶ原が近くなると橋を渡るようになりますが、その橋を通った時、写真のように湯川で魚釣りをしている人たちを見かけました。今年戦場ヶ原に来た時も、戦場ヶ原の湯川で魚釣りをしている人たちを見かけましたが、その時はそこを通っていた小学校旅行の先生が釣った魚に興味を示していて、釣りをしていた人が先生に 釣った魚について説明をしていました。たまたまそこで写真を撮っていた私はその会...
Read More

高原の長閑な川 

湯川沿いの遊歩道を湯滝から出発して下り、戦場ヶ原近くまで行くと、森から出て青空が広がるようになります。次第に湿原に近づくため、回りの景色も変わって行きます。湯川も渓流と言うよりは高原の川と言うような眺めとなり、違った美しさを見せてくれます。森林浴とはお別れですが、明るい日差しを体いっぱいに浴びることができます。その湯川のなだらかな流れは平和を象徴しているかのような長閑さでした。にほんブログ村...
Read More

湯川上流の水辺 

前日の記事で森林浴に森林セラピー効果があることを書きましたが、湯川沿いの木陰の風景はすばらしいものでした。木漏れ日は穏やかに緑を照らし、水面に反射する光は水と戯れているように楽しくきらめいています。森林浴で涼を感じながら見るその風景は 夢の一部のようであり、森の妖精が隠れているのではないかと思えるほどでした。子供のころ妖精が写ったヨーロッパの心霊写真を見たことがありますが、その可愛らしい妖精が飛び...
Read More

森林セラピー効果をもつ遊歩道 

湯川沿いの遊歩道は湯滝が出発点となって、戦場ヶ原に至るまでの約1.5kmぐらいは森の中を通っています。戦場ヶ原は湿原が広がるのですが、そこに到着するまでの道のりでは森林浴を楽しむことができ、夏には最高の癒しの空間となっています。森林浴が人間の精神に与える癒しの効果は以前から注目されていて、2007年には日本衛生学会が森林医学研究会を発足させています。そこでは森林セラピー効果によって病的なストレスを緩...
Read More

流れを変える川 

湯川の上流はなだらかな流れとなっていますが、樹木が不思議な所に生えていたりします。また大木の倒木も目につきますが、そのような原始林のような風景が魅力となっています。おそらく川の流れは長い年月も経ずに形を変えるのだと思います。川辺には柔らかい土が累積してましたから、川は地面を削ったり、土砂を運んだりで絶えず流れを変えていっているようです。奥日光は標高が高いですから夏に涼をとることができ、美しい自然を...
Read More

奥日光、湯川上流の風景 

生命の誕生は 地球上に水が存在していたことが大きな要因となっていますが、さらに生命に必要な条件を追究すると光が必要不可欠となります。太陽の光は大きなエネルギーでもあり、生命の誕生に欠かせません。植物にとっては光と水が直接的に生命の鍵を握っており、その両方に敏感に反応します。自然は様々な美しい姿を見せてくれますが、太陽の光がなければその美しさは現れません。風景写真を撮影する場合も光はこれ以上ないほど...
Read More

採石場跡のヤマユリ 

今日は関東地方は天気が良く、日中は晴れのようですが、午後から天気が崩れてくるそうです。昼の強い日差しを見ると、まるで梅雨が明けたかのようですが、また数日は曇り、雨が続くらしく、梅雨明けとはいかないようです。そして、梅雨に開花を始めたヤマユリですが、この時期になりまして花盛りを迎えているようです。昨日、車から大谷石の採石場跡の岩山を見るとあちこちにたくさんヤマユリが咲いているのが見えました。幸い雨も...
Read More

木漏れ日に映えるヤマユリ 

例年ですと関東地方は梅雨明けしてもよい時期なのですが、昨日は天気が悪く肌寒い一日でした。日光だいや川公園にヤマユリの写真撮影が目的で出かけた時は、休日で天気がよい日を選んだのですが、公園のヤマユリの花盛りはもう少し後の日でした。しかし、その頃は天気が悪い日が続き、休日とのマッチングも悪かったので撮影に出かけることはできませんでした。ヤマユリの花は色も形も華麗であるため、やはり晴天の方がイメージに合...
Read More

日本が生んだユリの王様 

ヤマユリは日本特産のユリで、1873年、ウィーン万博で日本の他のユリと共に紹介され、その時にヨーロッパで注目を浴び、日本から世界に輸出されるようになったのだそうです。日本では近畿地方から北の山地に分布しており、北陸地方には自生していないとネットに書かれていましたが、日本全国の山で見られるわけではないようです。ヤマユリの花の香りは他のユリと違ってかなり強く、甘い香りを発しますが、それもヤマユリの一つの特...
Read More

Designed by Akira.

Copyright © 自然を愛する日記ブログ All Rights Reserved.