自然を愛する日記ブログ

地球に広がる自然を愛し、風景の美を追求しながら、文化についても考えます。

水量豊かな用水路 

宇都宮市から車で塩谷町に入ると、すぐに鬼怒川を渡るようになりますが、その境界辺りは広い田園地帯になっています。そして、塩谷町の広い田畑の中には幾つも用水路が通っており、田畑に水を供給しています。大きな用水路の水量はとても豊かで、用水路と言うよりは川と言ったほうがイメージに合います。その流れは速さがあり、深さもあるため、ゴムボートに乗って流れたら さぞかし気持ちが良いに違いないと思います。用水路の水...
Read More

大木のダイナミックな曲線 

尚仁沢湧水群はブナの原生林によって囲まれており、その樹齢は数百年に及ぶということですが、遊歩道を進んで行く途中にも樹齢の長さを感じさせる大木を見ることができます。その幹や根、枝はダイナミックな曲線を描いており、逞しい生命力を感じさせます。自然林であるため、太い蔦が絡まった大木も多く、自然の生の姿を見ている実感がします。遊歩道以外は人の手が加えられていないので自然と直接触れ合う喜びを味わうことができ...
Read More

尚仁沢沿いの原生林 

尚仁沢湧水群から流れる水は「尚仁沢」という渓流に注ぎ込むのですが、尚仁沢は日光市、塩谷町、矢板市、さらに那須塩原市にまたがる高原山の頂上方向から流れて来る渓流です。尚仁沢は山を下って東荒川と合流し、東荒川はさらに荒川、そして那珂川へと合流し、茨城県を通って太平洋に至ります。尚仁沢は流れとしては那珂川の支流になるのですが位置的には鬼怒川本流に近く、10kmぐらいしか離れていません。昨年の9月、鬼怒川沿...
Read More

若葉の色を映す水面 

尚仁沢湧水群は7月から10月にかけての時期に訪れる人が多く、最も多いのは8月ということです。つまり涼を求めてやって来る人がほとんどなのです。湧き水の水温は年間を通して11°だそうですので真夏に涼を取るには最高の場所なのです。しかし、流れる湧き水の水面は若葉の黄緑を映して輝いており、風景として眺めるには春は適しています。若葉が美しいこの季節の湧水群はまるで庭園のようでした。にほんブログ村...
Read More

山岳仏教の修行伝説を連想する水流 

尚仁沢湧水群から流れ出た水は さらに高原山の奥から流れる「尚仁沢」本流と合流することになりますが、その石の上から流れ落ちる水の量もたいへん豊富で、水音は涼感を誘います。観光案内によると、山岳仏教の盛んな奈良時代に信者たちがこの尚仁沢の湧水で身を清めたという伝説があるそうですが、尚仁沢という名前も「精進沢」に由来するのだそうです。それが真実であれば、当時の信者たちは湧き水が尚仁沢に流れ落ちる石の間に...
Read More

渓流となる湧き水 

川や沢の水の流れには不思議な魅力があり、いつまで見ていても飽きることはありません。光と戯れながら波を打って流れゆく様は爽快であり、常に新鮮です。透明でありながらも光を反射する水面の輝きは人の心までリフレッシュしてくれます。渓谷の流れには水の落ちる場所が至る所にありますが、その落ちる水の様子はドラマチックであり、滝などであれば迫力のあるドラマとなります。水の流れは写真の被写体としても主役になれます。...
Read More

心を癒すせせらぎ 

尚仁沢湧水群に至る山道は遊歩道となっており、途中にはしっかりした階段などもありますが、その細い道以外は原生林なので純粋な自然そのものを眺めることができます。湧き水が流れ出る場所にある自然は実にやさしい姿をしていました。まるで湧き水を求めて来る人々を出迎えているかのようで、美しい庭園を見るようでした。人間が飲むこともできる湧き水はまさしく自然の恵みなのですが、そのせせらぎは見る人の心も癒してくれます...
Read More

原生林から流れ出る美しい湧き水 

尚仁沢湧水群は山頂が日光市と塩谷町を分けている高原山の中腹にあり、原生林の間からきれいな水が湧き出ています。一日にして65,000トンの水が湧き出ているとのことで、全国名水百選の中でも有数の水量だそうです。また、四季を通じて水温が11度前後で、冬でも凍結しません。それは、それだけ大量の水を高原山が蓄えているということなのですが、その水は空から雨となって落ちてきたものであり、自然の大きなサイクルの流...
Read More

尚仁沢湧水群への遊歩道沿い 

矢板市と塩谷町の境には湧き水の清流として有名な尚仁沢湧水群があります。環境省選定の名水百選にも選ばれていますので 地元で有名なのは勿論ですが、遠くから足を運ぶ人も多いようです。観光スポットにもなっている湧水群は県道沿いにある駐車場から約1キロメートルぐらい山を登った所にありますが、遊歩道が作られており、車を降りて徒歩30分ぐらいでたどり着くことができます。尚仁沢湧水群はそれほど広さはありませんが流...
Read More

雲の動きに苦闘 

宇都宮市の隣には塩谷町があり、日光市の隣でもありますが、自然が豊かで田園風景がとても美しい町です。そこには美しい風景写真を撮れそうな所がたくさんあるのですが、写真撮影の敵となるのはお天気模様です。休日となった日で、天気の良い日を選んで出かけてみても、いざカメラを向けると雲がかかってきたりで 風景を思うように撮影できなかったことは何度もあります。今月も最初に塩谷町へ水田の撮影に行った日は空の雲との格...
Read More

Designed by Akira.

Copyright © 自然を愛する日記ブログ All Rights Reserved.