自然を愛する日記ブログ

地球に広がる自然を愛し、風景の美を追求しながら、文化についても考えます。

氷の張らない渓流 

昨年の5月、堰場川(せきばがわ)に来た時には小滝が連続してある区間を渓流に沿って歩き、川辺で撮影しましたが、厚い雪が残る2月では渓流に沿って歩くのは困難でした。そのため、今回は安全に行けそうな場所を見つけ、そこだけ川辺まで下りて行って撮影することにしました。下の写真は車道から雪に覆われた斜面を下って辿り着いた川辺から撮影したものですが、雪は厚く残ってはいるものの、水面に氷は全くありませんでした。僅...
Read More

深い緑の渓流 

高原山の中腹にあり、崖の谷間にある堰場川の周辺には厚い雪が残っており、5月に来た時のように簡単に川原まで降りて行くことができませんでした。また、天気も曇りで陽射しがないため、川の水面は暗く、以前来た時とは印象が違っていました。崖の雪で下まで降りて行けないため、渓流の主な所は上から撮影するしかありませんでした。その崖の上の雪には小さな足跡が見られ、子犬のような足跡でしたが、やはり崖の下へは向かってい...
Read More

堰場川(せきばがわ)の冬景色 

昨年の5月、鬼怒川温泉地域から尚仁沢湧水群方面に向かう山道を車で通った時に堰場川(せきばがわ)という美しい渓流を見つけ、崖の下にあるその渓流まで降りて行って撮影した写真をこのブログにアップしました。その渓流の岩場や小滝の風景はとても美しく、忘れ難いものでしたので、違った季節の風景も見てみたいと思っていました。ところが、紅葉の季節に予定して同じ道に向かった時には道が工事中で通行止めとなっており、行くの...
Read More

残雪と民家と用水路 

日光市の特別保護地域にある杉並木の裏側には抒情的な空間が広がっていました。杉並木に沿って通っていた農道は古くから住んでる人以外は通らないようで、雪景色の中では特に風情がありました。杉並木の近くで見た民家は古さを感じるだけに味があり、残雪がある風景は絵になります。宇都宮市から奥日光へ向かう道路のワキにこのような素晴らしい風景があるとは思ってもみませんでした。古い民家の直ぐ下からは用水路の水が小川に流...
Read More

杉並木の木漏れ日 

杉並木街道沿いで撮影をしたのは午後3時前後であったため、陽は傾き、影が長く伸びていました。日陰となる田畑の雪の上には杉の合間から射す木漏れ日が美しい線を描いていました。この光景も杉並木沿いならではの光景ですので、撮影しておきました。雪は足跡などない真っ白な平面だったため、木漏れ日もネオンのようにキレイでした。しかし、農道近くの雪面を見ると、小さな穴が無数にありました。おそらく鳥が歩いた跡ではないか...
Read More

Designed by Akira.

Copyright © 自然を愛する日記ブログ All Rights Reserved.